2011年02月08日

人間関係は慈しみの気持ちで。

仏教では、

嫌な人、合わない人とは、無理に付き合わなくてよい。
といいます。

どうしても付き合わな、あかん場合は!

人間全部と付き合わない!(気分が楽になります!)

1、仕事上なら、そこだけ付き合う
2、趣味上なら、そのときだけ付き合う。

プライベートは別です。


また、仏教では、
どうしても、付き合うべき人が、居ないなら、
一人で、生きる方を、すごく薦めます!


なぜなら、

人を支配したいという、無理な作業の事を、
婉曲な表現で「人間関係」というのです
。(Byスマナサーラ)←わしの仏教の師匠(勝手にすな!)

人は、自分が優越感を持てる人との関係を、よい人間関係と言うのです。


つまらん話なのである!人を批判しようものなら、その瞬間から、人間関係はうまくいかないのである。


とはいえ、社会生活は、避けられないので、

同じ、『お前は、バカか!』
   『お前は、アホか!』

と言う時でも、

その言う時の気持ちが重要です。

慈悲の気持ち(相手を思いやり、優しい気持ち)で言えば、問題ないです。
ほんまに、

『お前は、アホか!』と言った瞬間、終わります。(笑)


慈悲、慈悲!

ほな!








posted by にせ坊主 at 16:41| 大阪 ☀| Comment(9) | 悟ってしまう話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。