2013年02月15日

ほんまに、音が激変したで!!

また、「買い換えたい虫」が騒ぎだして、先週も三木楽器で色々弾いて試していた。

50万円、70万円、100万円超のベースを弾いても、自分の思う音と違った!!
(ええかっこすな!)

わしの求める音、
低音は、「ボ〜〜ン」ではなく、「ボカン!」と爆発して音が伸びないのが良い。
口で言うても、わからんので、この音です、ジェームスジェマーソンのこの音を探してます。
聞けばわかる人にはわかる。(ジャクソン5の、このベースを弾いています)


なんとかならんのか!!!

探すと、フェンダーセッティングの仕方が、あった。
わらをもつかむ気持ちで、下記の通り、ネックは順ぞり、PUの距離等、全部真似してセットしました。
結果は、ビックリ!!8割まで音が近づきました!!!!
しばらく買い替えないで済みそうです。



興味のある人は、やる値打あり!!

人気ブログランキングへ
posted by にせ坊主 at 11:05| 大阪 ☔| Comment(10) | ベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新米、一年生の私にはベースセットアップは驚きと感動でいっぱいです。
youtubeは、いい勉強になります。ベースの魅力を再発見した思いです。
何度、見ても素晴らしい!
Posted by 播磨屋 at 2013年02月15日 15:35
播磨屋様、まいどおおき!

ベース上達法(お前が言うな!)

まず、自分が感動する自分の弾きたい音を出しているベーシストを見つける。

その人の、「音、弾き方、音の出し方などなど、マネをする」

そこから、
「なかなかまねできない!」
「音が違う、リズムが違う、・・・・」

終わりのない、納得など絶対出来ない
ベース練習地獄が始まるのです(泣)

Posted by にせ坊主 at 2013年02月15日 16:44
8割の音造りが出来たら、
あとは、にせ坊主さんの指先を鍛えれば
100パーセントになるんと、ちゃいますかぁ?
Posted by ゆう太 at 2013年02月15日 17:26
ゆうたさん、おおきにおおきに!

90%は、指で行けると思います。

あとは、悲しいかな、材質なのだ〜!

PBで、最高の物は、だいたい3.8kgを切っているのじゃ〜!

わしのは、4.1kgも有るのじゃ〜!

この前弾いた50万円のベースより、
セッティングで良くなった!!60万円ぐらい!

30万が60万円になった!儲かった←アホや

ゆうたさんは、ジャズ喫茶などで、めちゃええアンプ、スピーカーなどで、サックスの音の息遣い、空気感を感じた事は無いですか??

良いベースは、スピーカーから、空気が出る感じがします!『ブ〜〜〜っと』

安ものは、電気信号シンセベースっぽく
『ブ―――』と鳴る感じです。

 
長々とm(__)m

「まず、腕を鍛えろ!!」
了解です〜!
Posted by にせ坊主 at 2013年02月16日 11:49
>4.1kgも有る

ラッカー塗装や、木部の乾燥からくる、エイジングでしょうか?
お外に陰干しでもしときましょかぁ?確かに軽い楽器は、
良い音しますねっ。


>ジャズ喫茶などで、めちゃええ、、、空気感を感じた事は無いですか??

ディスコでは、ガンガン聞きましたが、ジャンルは違いますし、、
ジャコパスとか、ロンカーターとかは好きですが、特に
ウッドベースが好きではないので、詳しくは範疇にないです、
すみませんです( T_T)\(^-^ )

エアー感は、アコギが好きなので、そっちは微妙なところまで、
判ってるつもりなのですが、、、。
JBLの大きなスピーカーで音楽聴きたいなぁ。
Posted by ゆう太 at 2013年02月16日 12:27
おおきに〜×2

まあ、下手くその遠吠えですわ!

弘法、筆を選ばず、ですわ!

練習します〜〜!!

おおきに〜!
Posted by にせ坊主 at 2013年02月16日 13:34
憧れのプレーヤーの音をn真似るなら、、、
ピッキングする指先のアングル(ピックなら材質やアングル)
を研究すると意外に近道なのかもしれませんねっ。

特に指弾きだと、指先が硬くなっていたり、しなかったり
でも音質は変わるでしょうし、弦にアプローチする角度が
ちょっと違うだけでも、音が変わるとも聞きました。

指だけなのか、爪も少し弦にあたっているのか、、、
研究されたら面白そうですねっ。
Posted by ゆう太 at 2013年02月16日 18:19
ゆうたさん、おおきに×3

そやねん!、ヘンな倍音、つめに気付いたのが、3年前ぐらい、それからずっと右手2本は深爪です、
やすりです!!(女が喜ぶ)←あほや!

ウッベでは、押し気味に弾いたり、引き気味に弾いたりで、全然変わったよ!

プレべでも変わったよ!
基本的に、エレベやのにウッベ弾きしてるわし!

わしの好きなジェームスジェマーソン、チャックレイニ―は、二人とも、指1本弾きやねん!

今、1本弾きに、変えてる途中やねん(笑)

がんばるわ!
Posted by にせ坊主 at 2013年02月16日 20:32
ジェマーソン師に限らずあの時代、弦はフラットワウンド弦しかありませんでした。
大体、フェンダーじい様がプレシジョンベースを新発売してから70年代後半までフラットワウンドが当たり前。
更にジェマーソン師の愛機、通称ファンクマシーンには太めな50〜110辺りのゲージが張られ(結果的にネックが弦テンションに負けて盛大に順ゾリしてしまう。(楽器、ネックには厳しい状況))、
更に更に長年張りっぱなしのいわゆる、死弦状態だったとか。

と言うことで、先ずはフラットワウンド弦のレギュラーゲージに替える事が第一歩。
但し、ネックが盛大に順ゾリします(ネックの寿命を縮めてしまう懸念あり)から自己責任でお願いします。
それを基本的に張り替えはしない事。具体的には一年以上(数年間は)張りっぱなし
Posted by たぬき at 2016年03月25日 07:03
たぬき様、おおきに!

わし、今、110張ってますねん!

音に芯ができます!。

ほな!
Posted by にせ坊主 at 2016年03月28日 16:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。