2014年02月14日

株の話

人気のない、経済学のカテゴリ!
「アホの君に、何がわかる!」ほっとけ!
「アホやから、勉強して、ほんで、皆様に知識をお裾分けするコーナーです」←えらい


まず基礎知識
日本株70%は、日本保有で、ほぼ、持ったままです
外国人が残り30%を、毎日売買しています。
たとえば、10%円安になると、外貨で考える外人から見れば、株価が変わらずでも、10%お買得になる。
これが今日の基礎知識。

では、
野田政権終わり⇒今までの株の動きについて。

2012年11月16日、野田さん解散宣言
世界は、安倍政権になる予想
安倍さんは、デフレ脱却が目標(インフレ期待)
インフレ=円安予想⇒外人が円を売る⇒現実に円安になった。
上記基礎知識により、日本株が、お買い得になる。
株が外人に買われる⇒株が上がる(2013年5月ごろまで)

最高1万6千円台から、今の1万4千円の原因
じゃぶじゃぶ印刷していたドルを、新興国からアメリカが巻き戻し始めました。
例ペソからドルに両替になる⇒金融引き締めによるドル高
なぜか、このドル高につられて、円高になる不思議($¥のバランス感覚から来るもののようです)
少し円高になると、日本株は、下がります。

ここしばらくは、為替相場を見ておれば、株の動きはわかります。

注意€は金融緩和していないので、ユーロ高です。
ただ今ユーロ圏は、失業率13〜15%なのに、株は空前の最高値更新しています。
完全バブルですので、€の動きも注意しておきましょう!
(単車でいえば、ユーロ圏のBMW,モトグッチ等、ディーラーが辛抱できないぐらいに値上げ圧力がかかっています、値上げ確実です。)

すめらぎいやさか
posted by にせ坊主 at 10:29| 大阪 ☁| Comment(2) | おもろい経済学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にせさんは、なかなかの経済通ですね。
日本株は、ほんとは強いはずなのに欧米の変動通りに動いているのが情けない。
国債の借りも1000兆円を超しても持ち主は日本人なので、とりあえず安心ですが
ここ一年が勝負でしょう。私も今までの株や先物より、そろそろ何かに切り替えたい。
本道なら商売投資ですが、それも先行き不透明・・・やはり「ゴールド」でしょうか。
Posted by 播磨屋 at 2014年02月15日 11:17
播磨やさまおおきに。

わしのギリギリ覚えてる記憶では、
約50年前
環状線10円、20円のキップがあった。
地下鉄も20円、
タクシー初乗り90円
食パン50円、菓子パン15円のと20円、

だいたい5〜60年で、ゼロ0が、一つ付くのでしょうか?

この調子なら、ゴールドも良いですね。
難しいですね。
Posted by にせ坊主 at 2014年02月15日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。